注文住宅の予算は自分の収入から判断しよう


あまり高価な住宅を購入しないようにしよう

注文住宅を建設したり購入する際には、かなりの費用が必要になります。全額自己資金で行う人は少なく、ほとんどが金融機関のローンを利用する場合が多いです。ですが、全額ローンを組むとかなりの大きな金額になります。それを何十年にわたって返済するのは大変です。ですから、できるだけ頭金を貯めてから住宅を購入するほうがよいのです。できれば購入する住宅の「3割」程度の金額はためておいた方がよいでしょう。それ以外はローンを組んで購入するのです。ただしローンを組む場合には、25年から30年くらいの長期返済をし続けなくてはなりません。その間に自分の勤める会社に万が一のことが有ったり、自身が病気をしたりするとローンの支払いが滞る可能性もあります。ですから、あまり無理なローンを組まないほうが身のためになります。

ローンの金利にも注意する

住宅ローンの金利は比較的低く設定されているのが魅力です。そのため、大きな金額を借りても平気なような感覚になることもあります。しかし、数十年間も元金と共に利息分も支払うことになるために、1パーセント代の金利でも、支払いは大きくなるのが特徴です。さらに変動金利で借りてしまった場合には、ローンの支払金額が一定ではないために、不安になることもあります。そのような場合には固定金利で借りたほうが安心です。住宅を購入する際にローンを組むのであれば、金融機関の担当者ともよく相談をして、無理のない返済計画を練ることが大切なのです。

家を建てる際に確認しておきたいのが、建築工事中の資材の値上がりについてです。もともと3000万の家を建築中なのに、代金が値上りしてはいざこざの原因になってしまうので、最初に特約として取り決めておきましょう。